アフィリエイト

アフィリエイトではライバルチェックが欠かせない!【プロのやり方】

アフィリエイトで行うライバルチェックの方法アフィリエイトで稼ぐためにはライバルチェックは欠かせません。

しかし、チェックするにも「どこを見たら良いのか分からない」との声も少なくありません。

また、ライバルチェックの内容や方法も人それぞれですので、調べてもどれが正しいのか分からなくなります。

SEOコンサルタントの私がライバルチェックのやり方を紹介していきますので、参考にご覧下さい。

ライバルチェックが重要な理由

ライバルチェックをする目的は様々です。

また、何に対してライバルチェックを行うのかについても人それぞれです。

私の場合、

・ライバルサイトの強さ
・記事構成の確認
・コンテンツの確認
・ペラサイト・無料ブログ・特化サイトなのか?
・そもそもライバルはいるのか?
・文字数の違い

などがメインとなります。

キーワード選定や記事構成を作成する際に同時に済ませてしまうことがほとんどです。

ライバルチェックを行わずに狙うキーワードだけを決めて記事を完成させてしまうとどうなるのか?

その結果、後からリライト(追加や修正)を行う際に全て書き直す可能性も高くなります。

なぜなら、ライバルはもっと網羅的に詳しく解説されている可能性があるためです。
※その結果、ユーザー満足度も高まり上位表示されやすくなる

イメージでこのコンテンツで十分だろうと決めてしまうケースも多いですが、ライバル記事を確認することで意外な発見が見つかることも少なくありません。

むしろ「これは確かに必要だ」と思える情報が見つかるケースがほとんどだと言えます。

ざっくりですが、ライバルチェックをしないと上位表示の可能性が下がることを把握していただけたと思います。

【プロが実践】ライバルチェックのやり方

実際に私がライバルチェックの際に確認している項目をまとめました。

※塾生限定もコンテンツもありますが、有料レベルであることには違いありません。

それではさっそく各項目を確認していきましょう。

ライバルサイトの強さ

ライバルサイトの強さはドメインスコアで確認しますが、ウーバーサジェストが分かりやすいです。
※無料で利用する場合は1日3回まで(キーワード選定や被リンク調査も含む)

1つ例をあげてみましょう。

皆さんご存じだと思いますが、「ロート製薬」さんのドメインを確認してみます。

すると、このように52と高い数値が表示されました。

ライバルサイトの強さ

さらに被リンク数もかなり多く、各ページの質が高いことも分かります。
※他にも条件が揃っている

記事構成の確認

ライバル記事の記事構成を確認することも重要です。

ほとんどの内容はこちらの記事にまとめていますので必ずご確認下さい。
プロが実践する記事構成の作成手順!【依頼も受けられるレベルに】

ライバル記事にはどのような内容が解説されているのか、必ず見出しを確認しましょう。

そして、あなたがアフィリエイト初心者の場合は見出しの文章など参考になる要素はどんどん盗んで下さい。

オリジナルは存在しません。

今稼いでいるアフィリエイターも皆ライバルから良いところを盗んで成長していることを忘れてはいけません。

コンテンツの確認

見出しだけではなくコンテンツも必ず確認しましょう。

記事ごとに解説されている内容は似ているとは言っても、やはり上位表示されている記事は独自のコンテンツが追加されていることも珍しくありません。

普段あなたが作成しているライティング能力と比較をしながら、上位表示されている記事の傾向を似せていきましょう。

テーマに対しユーザーさんが納得できることはもちろん、さらに潜在ニーズとして追加できることはないか、しっかりライバルチェックを行うことがポイントです。

ペラサイト・無料ブログ・特化サイトなのか?

こちらは狙うキーワードの検索ボリュームにも影響します。

狙うキーワードで検索をかけた際に、上位表示されているのは

・ペラサイトなのか?
・無料ブログなのか?
・特化サイトなのか?

について確認しましょう。

そして、先ほどの見出しやコンテンツもしっかりチェックしなければいけません。

検索ボリュームの多いビッグキーワードの場合、トップページが上位表示されている可能性は高まります。

この場合、初心者では勝てる可能性もかなり低いため避けましょう。

少し慣れてからでも避けましょう。

中級者程度のレベルでは勝てません。

そもそもライバルはいるのか?

こちらはキーワード選定の段階で確認する項目となります。

狙いたいキーワードを探す際に「allintitle:キーワード」でライバルを調査することについて別のページで解説をしました。

こちらは必ずご確認下さい!
【プロが暴露】アフィリエイトで売れるキーワードの選び方!

そして、その際にそもそもライバルはいるのか確認して下さい。

タイトルにキーワードが含まれているのか?」を基本的に見るようにしましょう。

そのため、「intitle:」ではメタディスクリプション内のキーワードも含めてしまうため参考にはなりづらいです。

この作業の手を抜くのは致命的な結果となりますので、必ず「毎回」実行しましょう。

文字数の違い

文字数がライバル記事にどのくらい書かれているのか確認することも大切です。

こちらは必ず行うべきライバルチェックではありませんが、検索ボリュームの多いキーワードでは確認したほうが良いです。

最近では専門的分野など上位表示に文字数が必要となるケースも増えています。

網羅的に解説する必要があるため文字数も自然と多くなります。

また、アフィリエイターが増加していることでライバル数も比例して増加傾向にあります。

そのため、ライバルチェックの際にライバルより多くコンテンツを増やす作業を皆が繰り返していることも関係しているでしょう。

ただし、後半でも解説していきますが、闇雲に情報を詰め込んでもいけません

ユーザーのために解説すること」を最優先にしましょう。 

サイト運営歴は重要?

サイト運営歴も見ましょうと解説されている記事もありますが、運営歴が長くても低品質な記事を量産しているサイトは相手ではありません

実際、ニッチなキーワードで上位表示されていても他のページでは圏外であることも珍しくありません。

運営歴が長く、さらにSEO対策もしっかり施されたサイトは勝てる可能性も大きく下がります。

結論「見極めが重要」ということになります。

ライバルチェックの注意点

ライバルチェックは重要な作業であることには違いありませんが、いくつか注意点もあるため必ずご確認下さい。

間違ったライバルチェックを行うことは上位表示に期待できないだけでなく、時間も無駄に使うことになります。

必要のない情報は取り入れない

ライバルチェックをアフィリエイターだけでなく企業サイトも行います。

そのため、キーワードによってはライバルが解説しているコンテンツを自分のサイトに取り入れ、さらに潜在ニーズなどオリジナルコンテンツを追加していきます。

その繰り返しによりテーマとは関係のないコンテンツまで多くのサイトが真似して解説していることも珍しくありん。

以前、私が記事構成の作成依頼を受けた際に明らかに「この見出しは無駄だろう」と判断し、もっとユーザーが知りたい情報を別で追加しました。

その結果、強豪を抜いて1位になりました。

本当にそのコンテンツが必要であるかはユーザー目線に立つことがポイントです。

文字数を稼ごうとしない

こちらも必要のない情報を取り入れて文字数を稼ごうとするケースです。

文字数の多さも大切となる状況はありますが、「ライバルが3000文字なら10000文字書こう!」と色々詰め込み過ぎてはいけません。

過去に私も試したことがありますが、結論「無駄な作業だった」と言えます。

狙うキーワードに対しライバルより「もっとユーザーのためになるように」詳しく解説すると自然と文字数も増えます。

順位が上がらない場合はリライトを繰り返す。

その手前が成長への繋がるきっかけになります。

無謀な戦いは避ける?

ライバルチェックの際にライバルが有名企業や政府、クリニックなど明らかに専門的や権威性も高いと感じた場合は狙うのを避けたほうが無難です。

初心者は特に勝てる見込みは極めて低いでしょう。

ニッチなキーワードでもこのような状況が無いとも言い切れません。

記事を書くだけ時間を無駄にしてしまいます

ただし、状況や戦略により必ずしも勝てないとは言いきれませんので、詳しくはコンサルでお伝えしていきます。

ライバルチェックを習慣にしよう

ライバルチェックの重要性について把握していただけたと思います。

ライバルチェックは上位表示にも欠かせない作業です。

何度も繰り返し、必ず自分の物にしましょう!

また、注意点についても必ずお守り下さい。

※私のコンサルで検証結果などもお伝えすることはできますが、あなた自身でもいろいろと試してみると意外な発見に繋がり大きな成長に繋がるきっかけとなります。

料金のほうもかなりリーズナブルに設定させていただきました。

詳しいコンサル内容も含めこちらをご覧下さい。
【業界NO.1のコスパ】アフィリエイトのコンサルならFirst Rank

 

-アフィリエイト
-