アフィリエイト

【プロが伝授】記事構成の作り方とコツ!作成例も公開

記事構成の作成手順冒頭から重要なことをお伝えします。

記事構成の完成度が低ければ、上位表示の可能性も下がります
※もちろん他にも様々な条件を揃える必要があります。(ドメインスコアやリンク対策、ペナルティ対策など)

そのくらい記事構成は重要であると断言します。

実は有名サイトでも記事構成の作成をプロに依頼されることは珍しくありません。

私も有名サイトから依頼を受け、担当者の方に「さすがのクオリティーで助かります」などと返信をいただくことがあります。
私はこれまでに700記事分以上の記事構成を納品し、修正依頼は0件です。

それでは、私のノウハウをあなたにお伝えしていきます。
※塾生にはさらに追加のコンテンツも有料コンテンツ内で解説しております。

記事構成とは?

アフィリエイトの勉強を始めると「記事構成」という言葉を耳にする機会も増えます。

しかし、そもそもどのような意味を指すのか?

名前の通り「記事を構成すること」を意味します。
※記事の設計図と言われることも多い

分かりやすく解説しますと、「タイトルと見出しを考えること」です。

見出しはワードプレスでいう

「h1(タイトル)→h2(大見出し)→h3(中見出し)→h4(小見出し)」

このことを指します。
※アフィリエイトに最適なシリウスというツールでは「大見出しがH3」となる

冒頭でお話したように記事構成は上位表示に影響します。

「記事構成は記事の設計図」であるため、思い付きで作成すると致命的となることも少しずつ伝わってきたのではないでしょうか?

記事構成が重要である根拠とは?

そもそもなぜ記事構成が重要なのか、その根拠を理解することが大切です。

事前に記事構成を作成することで様々なメリットがあると断言します。

気になるメリットについてですが、

・上位表示の可能性を高める
・記事全体をイメージしやすい
・テーマに沿ったコンテンツとなる
・網羅的に解説しやすい

このような重要なポイントに繋がるため必ず事前に作成する必要があります。

記事構成が重要である根拠を解説していきますので必ずご確認下さい。

上位表示の可能性が高まる

記事構成の完成度が高まると上位表示の可能性も比例して高まります。

上位表示させるためには、

・検索意図
・潜在ニーズ
・1次情報

この3つのポイントは欠かせません。

狙うキーワードで既に上位表示できている記事は「Googleから評価されている記事」です。

記事構成を作成する際にライバルチェックを必ず行いますが、

・検索意図の答えはどこになるのか?
・その記事にしか書かれていない情報は何か?
・解説に根拠はあるのか?

そして、1位と10位では何が違うのか毎回比較していると違いも見えてきます。
※成長のヒントにも繋がる

できれば上位表示記事と100位前後の記事を比較するとさらに分かりやすいです。

この場合、1位や2位の記事と比較すると質が劣ることがほとんどです。
※クオリティーが高くてもペナルティを受けている可能性もある

書かれている内容が上位表示されている記事とほとんど同じでは、1次情報の点も含め抜くことはまずできません
※冒頭でお伝えした通り、他にもリンク対策やサイトのパワー、信憑性が低い(ない)ことなど様々な条件が影響します。

しかし、「他のサイトと同じ条件」であれば、記事構成をしっかり練った記事のほうが有利になる可能性が高いことには違いありません。
※同じ条件→新規ドメインで立ち上げたばかりなど

記事全体をイメージしやすい

事前に記事構成を作成することで記事全体のイメージができます。

上位表示の可能性を高めることに繋がりますが、さらに「コンテンツの重複」も避けやすくなります

さらに記事構成を作成せずに思い付きで記事を書き始めた場合、後々リライトの際に全て書き直さなければいけなくなります。

・この見出しではこの内容を解説する
・次の見出しでこの内容に触れるから流れを自然に繋げよう

など、ユーザーさんが読みやすいコンテンツにする役割もあります。

テーマに沿ったコンテンツになる

こちらも思い付きで記事を書き始めると「あなたが伝えたい関係のない内容」を追加する可能性も高まります。

初心者は特に要注意です。

半年後に読み返してみると、「なんて自分勝手なコンテンツなんだ」と削除したくもなるでしょう。

記事構成で大切なポイントの1つは「テーマに沿ったコンテンツにすること」です。

これはアフィリエイトで稼ぐためには欠かせません。

テーマから反れた記事は上位表示の可能性も下がります。

網羅的に解説しやすい

最近では網羅性の高い記事が上位表示している傾向があります。
※必ずしもそうではありませんが、この傾向にあるということには違いありません。

網羅とは「残らず取り入れること」を意味します。

ということは、ライバル記事が取り入れている内容をあなたの記事にも取り入れる必要があるということになります。

実際にあなたが書きたいことをまとめたケースと網羅的に記事構成を考えたケースで比較してみると分かります。

ドメインスコアやライバル数などの状況にもよりますが、結果は違ってくるでしょう。

この後にも解説しますが、だからと言ってライバル記事の見出しやコンテンツをコピペしないようにしましょう。

記事構成を比較【初心者VSプロ】

実際に記事構成がどのような状態にあたるのか、効率的に

・初心者の悪い例
・プロが作成する例

この2パターンでさっそく比較しながら確認していきましょう!

今回はこの記事のテーマでもある「記事構成 作り方」(検索ボリューム「10」)というキーワードで記事構成を作成することにします。

初心者が作成する悪い例

ブログやサイト作成を始めたばかりの初心者の場合、

・自分が書きたいこと
・他の記事にも書いてある内容
・根拠のない解説

このような共通点があります。

記事構成(初心者)

タイトル→記事構成の作り方を徹底解説します!

H2→記事構成って何?

H2→記事構成で気を付けるポイント!

H2→記事構成の作り方を公開!

H2→記事構成の作り方は必ずマスターしよう!

このようなどこにでも書いてあるレベルの完成度になる傾向があります。(コンテンツもイメージできてしまいます)
※アフィリエイトを始めて挫折した方の多くがこのような記事構成で記事を量産した可能性も低くありません(圏外であることがほとんど)

プロが作成した参考例

では、実際に私が「記事構成 作り方」のキーワードに対し記事構成を考えていきます。

今回は結論から入るパターンで作成しました。

完成形はこちらです。
※完成形と言ってもパターンは1つではありません。

記事構成(プロ)

タイトル→プロが実践する記事構成の作成手順!【依頼も受けられるレベルに】

H2→記事構成とは?

H2→記事構成が重要である根拠とは?
H3→上位表示の可能性が高まる
H3→記事全体をイメージしやすい H3→テーマに沿ったコンテンツになる
H3→網羅的に解説しやすい

H2→記事構成を比較【初心者VSプロ】
H3→初心者が作成する悪い例
H3→プロが作成した参考例


H2→記事構成を作成した流れを解説
H3→ペルソナ設定は必ず必要とは限らない
H3→関連キーワードを確認する
H3→ライバルの見出しを確認する
H3→ライバルのコンテンツを確認する
H3→ここでやっと見出しの作成が開始できる?
H3→潜在ニーズや1次情報を考える
H3→参考サイトや必要なコンテンツを記録する
H3→タイトルの完成

H2→ハイレベルな記事構成を作成するコツ
H3→初めにタイトルを作成する必要はない
H3→ライバルチェックするのは10位まで?
H3→検索意図や潜在ニーズを必ず意識する
H3→得意ジャンルで無ければ天と地の差が生まれる?
H3→内容が気になる見出しにする
H3→ジャンルに合わせシンプルな見出しに調整する
H3→キーワードはどこに含める?
H3→常にユーザーの立場になって考える

H2→記事構成の作成時に守るべき注意点
H3→ライバルの見出しをコピペしない
H3→キーワードを無理矢理詰め込まない
H3→全ての見出しを取り入れる必要はない
H3→ユーザーが分からない専門用語を控える

H2→記事構成の仕上がりが全て

このような記事構成になりました。

検索ボリューム「10」程度に対しここまで作り込むのは少し効率的ではありませんが、とても重要な情報ですので書く必要はあります。

では、余談は抜きにしてどのようにして作成したのか解説していきます。

記事構成を作成した流れを解説

実際に私がどのように記事構成を作成したのか確認していきましょう。

※塾生の皆さん限定の追加コンテンツがございますが、この流れで記事構成の依頼を受けられるレベルになれます。

クラウドワークスでも記事構成の作成に対する案件数はライターに比べてかなり少なめですが、慣れると時間効率もかなり高く稼ぎやすいジャンルだと言えます。

ペルソナ設定は必ず必要とは限らない

ペルソナ設定は検索意図や潜在ニーズを決定する際にもかなり役立ちます。

検索ボリュームやライバル数も多いキーワードを狙う際には事前に設定されることをオススメします。

しかし、私はペルソナ設定の作業を省くことが多いです。

理由は得意ジャンルが増え、記事構成を作成する際にペルソナもメージできてしまうためです。

ペルソナ設定の流れですが、

名前 出月慎也
年齢 35歳
職業 SEOコンサルタント
年収 ○○円
性格 マイペース、穏やか
家族構成 独身
趣味 釣り、筋トレ

このように項目に対しイメージを設定していきます。

アメリカで有名なコピーライターの場合、依頼の際はイメージにマッチする写真を机に飾るようにするとのことです。

ペルソナ設定のポイントは、このようにユーザー目線に近づけるためライバルとの差別化への提案がイメージしやすくなります。

ライバルの見出しを確認する

狙うキーワードに対しライバルはどのような見出しを作成しているのか確認していきます。

確認するライバル記事は、狙うキーワードで検索をかけた「1位~10位まで」が基本となります。
「基本」ですので11位以降に1位候補が潜んでいる可能性もあります

キーワードにもよりますが、かなり見出しは似偏っている傾向にあります。

この際にラッコキーワードツールを使用すると効率的です。
ラッコキーワードツール

ジャンルやキーワードにより網羅的に解説する必要があるため、1記事ごとに不足している見出しを追加しながら整理していきましょう。

この作業に手を抜くと、本来必要となる情報が不足する可能性が高まります

私が実際に行う効率的な作業は塾生限定に公開します

関連キーワードを確認する

関連キーワードはGoogleでも簡単に確認することができます。

実際に「記事構成 作り方」のキーワードで検索をかけてみましょう。

すると、「他の人はこちらも検索」にはこのように表示されます。

他の人はこちらも検索

もっと分かりやすく「痩せたい 食事」のキーワードで確認してみましょう。

他の人はこちらも検索

この場合、他にも「どんどん痩せる食べ物」など運動を避けたい方が続けて情報収集している様子が確認とれますね。

記事構成を作る際には必ず確認しましょう!

ライバルのコンテンツを確認

見出しだけではなく、各ライバル記事にはどのような解説がされているのか確認していきます。

記事構成の依頼ではライターさんへの指示書も作成する必要があります。

そして、実際に比較をしてみると基本的に同じ見出しでも解説されている内容には違いがあることが分かります。

例)
1位の記事では○○について解説
2位の記事では○○が不足している
10位の記事ではさらに○○について解説

あなた(またはライター)が実際にライティングする際には「ユーザーが満足できること」を常に意識して必要な情報を取り入れていきましょう。
※ライバル記事が網羅性を意識し過ぎて無駄な解説をしている場合は省きましょう。

また、不足しているコンテンツはないか同時に考えることもポイントです。

見出しを整理する

ここまでの段階でライバル記事の見出しをまとめてきました。

次はコピペを避けながら

・ユーザーが全体を把握しやすい流れ
・ユーザーにとってコンテンツが気になる文章

この2点に対し整理していきます。

「H2(大見出し)内にはH3(中見出し)」と見出しの順番は必ず守りましょう。

そして、見出しはユーザーさんが気になるように魅力的にしましょう。

ユーザーさんが目次を確認した際に分かりやすく、さらに「これは気になる」と思える見出しが理想的です。

潜在ニーズや1次情報を考える

ただライバルの見出しを洗い出し、整理してまとめただけでは不十分です。

先ほども解説したように、ライバルのコンテンツを確認しながら「何か不足していないか?」を常に意識しましょう。

上位表示にはユーザーさんが知らなかった情報(潜在ニーズ)を追加する必要があります。

また、1次情報を既に公開しているライバルに対し同じコンテンツでは勝てる可能性は低いと言えます。
※有名企業やメーカーなどの場合は少し状況が変わります

そのため、あなただけが解説している有益で信憑性も高いコンテンツを見出しとして追加していきましょう。

参考サイトや必要なコンテンツを記録する

記事構成の作成依頼の際にはライターさんへの指示書が必要となります。

ご自身でライティングする際にも参考になるため、各見出しの下に記録しておくと良いです。

実際には、このように各見出しに対し何を書くべきなのか参考サイトを掲載します。

例)
〈H2〉○○〈/H2〉
○○について解説をお願いします。
参考サイト:○○

基本的には狙うキーワードに対する上位表示サイトのURLを載せるケースが多いです。

しかし、それでは参考にしただけで差別化には繋がりません

私の場合はその見出しに対しさらに詳しく解説するため「○○ △△」のように別のキーワードで再度調査をかけます。

例)
「ダイエット 食べ物」の記事の場合

オススメの食べ物として「キウイ」が意外にも採用されています。

解説には情報に限りがありますので差別化は難しいところですが、「事例」があれば信憑性が増します

この場合には「キウイ 痩せる 例」などさらに検索をかけるイメージとなります。

そして、検索結果で参考になりそうな記事を参考サイトとして紹介してあげることで差別化となり上位表示の可能性も高まります。

さらにクライアント様に対してもあなたがSEOに詳しい人物であることが伝わり単価がUPする可能性にも繋がります。

タイトルの完成

タイトルを見ただけでレベルが予想できます。

この後詳しく解説していきますが、タイトルは最後でも構いません。

・魅力を感じるように
・テーマとマッチさせる
・余計なキーワードは詰め込まない

などの注意点を必ず守り、タイトルを作成しましょう。

せっかく良いコンテンツでもタイトルが低レベルでは読まれる可能性も大きく下がります。

以上が記事構成を作成する流れとなります。

細かいポイントがいくつもありますが、少しずつ慣らして物にしていきましょう!

ハイレベルな記事構成を作成するコツ

もっとハイレベルな記事構成を作成するためのコツを解説しています。

しっかりと根拠も含め理解していきましょう。

では、先ほどタイトルの作成は最後でも良いと解説した理由からです。

初めにタイトルを作成する必要はない

タイトルを始めに作成する方は本当に多い印象を受けます。

しかし、タイトルほど慎重になるべきです。

なぜタイトルを最後に作成しても良いのか?

いや、どちらかと言えば最後にまとめたほうが良い理由とは?

その根拠は、見出しやコンテンツを作成していく中で「初めにタイトルを決めてしまうとテーマとコンテンツが反れてしまう可能性があるため」です。

また、【○選】などの細かな数字も変わる可能性があります。

さらに潜在ニーズとしてユーザーさんが最も気になる、または最も伝えたいことをタイトルに含めた方が良いと閃くこともあります。

ライバルチェックするのは10位まで?

記事構成の作成依頼を受けた際に、クライアント様の方でマニュアルが用意されていることがほとんどです。

このマニュアルには、「ライバル記事は1位~10位を参考にして下さい」と記載されていることも珍しくありません。

基本的には10位までの調査で形となりますが、11位以降に次の1位候補が潜んでいる可能性があります。

とはいえ、毎回徹底することも大変で手間です。
※私は念のため確認します

私の目安としては、

・10位までの見出しでは不十分(楽天やAmazonが多くて参考にならない)
・上位表示には有名企業が多く、11位以降も確認する必要がある
・検索ボリュームが多いキーワード

など、状況に応じて確認してみることも大切です。

手を抜く癖だけは付けないようにしましょう。
※色々な作業にも影響します

検索意図や潜在ニーズを必ず意識する

検索意図は必ず記事構成を作成する際に確認しましょう。

私は事前に、

【検索意図】
・○○
・○○

このようにメモを残します。

この作業だけでキーワードに対するテーマが再確認できるため、私は習慣にしています。

また、依頼の際にも潜在ニーズはどこに当たるのかクライアント様に報告もしておくと良いです。

検索意図を満たすことは大切ですが、さらに潜在ニーズを満たしてあげることが上位表示へのコツの1つです。

得意ジャンルで無ければ天と地の差が生まれる?

記事構成を作成するとすぐに分かりますが、得意なジャンルではライバルチェックをしなくてもイメージが湧いてきます。

しかし、まったく関わったことのないジャンルの場合、ライバルチェックの時点でまったく理解することができません。

1つ1つ専門用語の意味を調べることもあるほどです。

そのため、もしあなたがプロと認められる立場になったとしても、まったく関わったことのないジャンルの記事構成の作成依頼は受けるべきではありません。

私は以前AI関連の記事構成の作成依頼を受けましたが、ストレスのせいか蕁麻疹と熱が出ました。

最後までノルマは達成させましたが、下調べの段階からかなり苦戦させられました。

単価が高いからといって記事構成の作成依頼も苦手分野は避けましょう

それなら得意分野で少し単価の安い案件を受けた方が作業時間を考えると効率的に稼ぎやすいと言えるでしょう。

内容が気になる見出しにする

見出しはユーザーさんが気になる内容にしましょう。

必ずそうしなければいけない訳ではありませんが、

・○○が○○である根拠とは?
・○○の評判【139件の統計結果】

などの見出しであればちょっと読んでおきたいと思いませんか?

「ユーザーさんが気になる見出しにしておく」⇒「滞在時間が伸びる」⇒「SEO対策

このように繋がることがSEO対策にはたくさんあります。

覚えることがたくさんある分、習得するには努力は欠かせませんが、私も全力でサポートしますので乗り越えて行きましょう。
【業界NO.1のコスパ】アフィリエイトのコンサルならFirst Rank

ジャンルに合わせシンプルな見出しに調整する

魅力的な見出しを意識すると解説しましたが、ジャンルによってはユーザーさんの年齢も性別も大きく変わります。

若い女性なら固い文章は避けたいところです。

また、専門性の高いジャンルであれば少し真面目な見出しがマッチしやすいです。

また、「!」を語尾に付ける付けないの問題もありますが、こちらも状況に合わせて調整されると良いです。

シンプルな見出しに対し毎回「!」を付けると違和感が凄く出ます。

例)
〈H2〉痩せると話題の食べ物とは?〈/H2〉
〈H3〉大豆!〈/H3〉
〈H3〉コンニャク!〈/H3〉
〈H3〉牛肉!〈/H3〉

いかがでしょうか?

わざわざ「!」で強調する必要はないと感じませんか?

このように、細かい部分もジャンルや状況に合わせ調整していきましょう

キーワードはどこに含める?

キーワードはどこに含めるべきなのか?

ここが大きなポイントです。

まず、タイトルには必ずキーワードは含めましょう

細かいポイントは塾生限定となりますが、見出しにも含めたほうが良いです。

ただし、基本的にはユーザー目線で違和感のない見出しにして下さい。

たまにサイト診断の依頼でも見掛けますが、全ての見出しに商品名を載せている方も見えます。

例)
〈H2〉ライザップの口コミ〈/H2〉
〈H3〉ライザップの良い口コミ〈/H3〉
〈H3〉ライザップの悪い口コミ〈/H3〉

わざわざ良い口コミや悪い口コミに「ライザップ」は追加しなくて良いです。

ライザップの場合は文字数も少ないため違和感は感じづらいですが、「ミケンディープパッチ」のように長い商品名の場合は凄く見づらい見出しになります。

例)
〈H2〉ミケンディープパッチの口コミ〈/H2〉
〈H3〉ミケンディープパッチの良い口コミ〈/H3〉
〈H3〉ミケンディープパッチの悪い口コミ〈/H3〉

この場合はミケンディープパッチにばかり目がいってしまいます。

例)
〈H2〉ミケンディープパッチの口コミ〈/H2〉
〈H3〉良い口コミ〈/H3〉
〈H3〉悪い口コミ〈/H3〉

スッキリさせて読みやすくすることも心掛けましょう!

常にユーザーの立場になって考える

常にユーザーの立場になって考えることは、アフィリエイトで稼ぐためには欠かせません。

ペルソナ設定が重要と言われる理由がまさにここですね。

・タイトル
・見出し
・ライティング
・画像
・装飾

ほとんどの項目に対しユーザー目線で考えることが重要です。

アフィリエイトで商品の紹介をしたい場合では「この商品を購入したい方はどのような悩みがあるのか?」などに当たります。

アフィリエイトを引退するまで忘れてはいけません

記事構成の仕上がりが全て

少し長くなりましたが以上となります。

記事構成の重要さが十分伝わったと思います。

私の生徒でも記事構成が苦手な方は多い傾向にありましたが、作り方の手順やコツを意識してもらっただけでかなりレベルアップしました

実際に何度も試していただくと意外な共通点も見つかると思います。

記事構成の作成依頼を受ける際はお金をいただく立場でもあるため、必ず徹底した調査を行いましょう。

ここで最後に重要なことをお伝えさせていただきます。

記事構成のプロになれたとしても、他にやるべきSEO対策はまだまだあります。

独学では効率が悪く、稼ぐことも難しいことが少しでもあなたに伝われば幸いす。

※私のコンサルは完全マンツーマンです。
(かなりリーズナブルな料金設定)

詳細はこちらにまとめておりますのでご覧下さい!
【業界NO.1のコスパ】アフィリエイトのコンサルならFirst Rank

 

-アフィリエイト
-