アフィリエイト

アフィリエイトで狙う検索ボリュームの目安!狙うなら「0」?

アフィリエイトで狙う検索ボリュームの目安アフィリエイトで稼ぐために狙うべき検索ボリュームの目安。

なかなか初心者のうちは判別も難しいですよね。

私も始めは無駄なことをかなり繰り返していました。

あなたには効率的に作業を進めて欲しいので、是非最後までご確認下さい。

※今回の記事は「他のコンサルやスクールでも有料レベル」だと言えるでしょう。

検索ボリュームとは?

アフィリエイトでは記事を作成する際、狙うキーワードに対し検索ボリュームも同時に調査します。
※初心者のうちは検索ボリュームという言葉を知らないことも珍しくありません

この検索ボリュームとは、「月間での検索数」として数値化されてツールなどに表示されます。

例)
あるキーワードの検索ボリュームが「100」であれば、月間約100人がそのキーワードが気になって検索していることを指す

そして、この検索ボリュームを目安にアフィリエイト記事を書くべきか判断する際にもかなり役立ちます。

シンプルですが、この数値を確認する作業はアフィリエイトで稼ぐためには欠かせません

検索ボリュームの確認方法

では、実際に検索ボリュームを確認したいけど、どのようにすれば確認できるのか気になりますよね。

検索ボリュームを確認する際に必要となるのは「ツール」です。

GoogleやYahoo!などで検索するだけでは分からない数値です。

では、どのツールがオススメなのか紹介していきます。

Googleキーワードプランナー

多くの方が利用しているのはGoogleが無料で提供している「Googleキーワードプランナー」です。

キーワードプランナーの登録には、

・Googleアカウントの作成
・あなたのサイトに対しGoogle広告を作成
※この際には「キャンペーンの一時停止」を必ず設定しなければ支払いが発生します

この作業が完了すれば、「ツールと設定」から「キーワードプランナー」を使用することが可能性となります。

Googleキーワードプランナー

利用する際には「新しいキーワードを見つける」から検索をかけましょう。
関連キーワードの検索結果も表示されるため

例えば「アフィリエイト 検索ボリューム」で検索ボリュームを確認してみると、このように表示されます。

検索ボリュームを確認

このように「10~100」と表示されますが、実際には20かもしれませんし、90かもしれません

この差は意外と大きいため、もっと詳細な数値を確認するためには広告費を支払わなければいけないことがGoogleキーワードプランナーのデメリットです。

ウーバーサジェスト

私は普段からウーバーサジェストを利用しています。

ウーバーサジェストは毎日3回無料で使用できますが、かなり詳細な数値を割り出してくれます。

先程と同様に「アフィリエイト 検索ボリューム」で確認してみましょう。

すると、このように「20」と表示されました。

ウーバーサジェスト

Googleキーワードプランナーの「10~100」の結果は「20」であることが確認できましたね。

そして、さらにウーバーサジェストではSEO難易度も表示されるため参考になります。

ウーバーサジェスト

他にも被リンクの確認などにも使えるため、がっつり使用する際には有料となりますが必要な投資の1つであると言えます。

検索ボリュームの目安とは?

これまでの解説で検索ボリュームについて把握していただけたと思います。

では、この検索ボリュームの目安をどこで判断したら良いのか気になりますよね。

検索ボリュームの目安を間違えてしまうとアフィリエイトでは稼ぐことも難しくなります。

まずは検索ボリュームの基準について解説していきます。

検索ボリュームの基準

検索ボリュームは「0~10万以上」と規模は様々です。

例えば「アフィリエイト」というキーワードでは「11万」というボリュームです。

検索ボリュームの基準

※ウーバーサジェストより

さらに先程解説した通り、SDも「74」とかなり難易度が高いことも分かります。

もしこのキーワードを狙うとすれば、かなり網羅的な記事構成で数万文字書いたとしても上位表示は難しいと言えます。

0~100

ペラサイト
小規模サイト以上のサブページ

100~1000

ペラサイト
小規模サイトでのトップページの目標キーワードorカテゴリ
中規模サイトでのサブページやカテゴリなど
大規模サイトでのサブページ

1000~10000

ペラサイト(難易度はかなり高くなる)
小規模サイトでのトップページの目標キーワード
中規模サイトでのトップページの目標キーワードやカテゴリ
大規模サイトでのカテゴリやサブページ

10000~

この規模のキーワードになると小規模サイトで上位表示させることは難しくなります。

私はペラサイトで「33000」のキーワードで6位まで上げたことはありますが、かなりのお宝キーワードであったこともあり、基本的に小規模サイトであればトップページの目標キーワードに設定したほうが良いと言えます。
※状況によります

必要な記事数の目安

必要な記事数ですが、こちらはライバル状況や関連キーワードにより様々です。

「0~100」程の検索ボリュームであれば1ページで上位表示させることは可能です。

また、大規模サイトであれば「10000~」を越える複合キーワードでも1記事で上位表示させることが可能です。

実際に検索してみると、大手企業サイトの記事が1記事で1位、2位と上がっていることも確認とれます。

新規ドメインで立ち上げるのであれば、「10000~」の検索ボリュームで100記事は必要になる可能性も出てきます。

記事数を確保すれば上位表示できるとは限りません

他にも

・ライバルチェック
・記事構成
・タイトル
・画像
・装飾
・リンク

など様々な条件に対しSEO対策する必要があるため、検索ボリュームに対する記事数の確保はあくまで「1つの条件を揃えた状態」であることを忘れてはいけません。

初心者が狙うべき検索ボリュームは「0」?

では、初心者がアフィリエイトで稼ぐために狙うべき検索ボリュームはいくつなのか?

私も同じでしたが、やはり狙うなら多くの方が検索されるキーワードを狙いたいですよね。

この選択が正しいのか、コツがあるのか見極めるのは難しいと言えます。

だからこそ、有料コンサルで時間効率を高め、「正しいノウハウという安心感」を支えにすることが大切です。

検索ボリューム「0~100」を狙おう

初心者のうちは、まず「0~100」の検索ボリュームを徹底することです。

この数値で上位表示させることができないのであれば、中規模、大規模のサイトを立ち上げても失敗する可能性はかなり高くなります。

ここで疑問が生まれてくると思いますが、検索ボリュームが「0」のキーワードを狙っても良いのか気になりますよね。

答えは「問題ない」と言えます。

私自身も検索ボリューム「0」のキーワードで報酬が発生したことが何度もあります。

どのキーワードで報酬が発生したのか、その根拠については塾生限定となりますが、事実であることには違いありません。

狙うべきではない検索ボリューム

初心者のうちは検索ボリューム「0~100」の数値に抑えたほうが良いことが分かりました。

しかし、検索ボリューム「100~1000」だから上位表示できないとは限りません。

ただし、難易度は一気に高くなることを忘れてはいけません。

実際に試してみるとすぐに理解できます。

また、記事を作成する際には検索ボリュームだけが目安ではありません

その目安はこちらのキーワード選定の解説を必ずご確認下さい。
【プロが暴露】アフィリエイトで売れるキーワードの選び方!

【塾生限定】さらに見るべきポイントの解説

私の塾生の皆さんには、有料コンテンツ内でさらに

・実際に検証してみた具体例
・細かい根拠(プロになるために必要)

などに対し解説をしていきます。

「この検索ボリュームに対し、次はどこを確認するべきなのか?」について確認しなければ、結局上位表示ができず壁にぶつかる可能性も高まります。

コンテンツだけで理解できることもありますが、それを実行して上手くいかないことが「アフィリエイトのあるある」です。

やはり無料コンテンツでは限度があり、そのノウハウが正しいのか判断してもらうことが成長への近道です。

※私のコンサルはマンツーマン形式をとっています。

「キーワード選定⇒ライバルチェック」など段階を踏み、1つずつ徹底させていきます。

詳細はこちらをご覧下さい!
【業界NO.1のコスパ】アフィリエイトのコンサルならFirst Rank

 

-アフィリエイト
-